福島のお土産カテゴリの記事一覧

miyage-top02.jpg

  福島のお土産には、
スポンサードサイト

ままどおる

ままどおる


「ままどおる」はスペイン語で“お乳を飲む人々”のこと。
だから、普通の餡の代わりに、ミルクとバターたっぷりで作った白餡が入っているんです。
その餡が柔らかい皮にサンドされている、名前も味も優しいスイーツです。

みかけは、コッペパンにも見えるけど、皮の外側には「mamadol」とロゴが入っています。


【蘊蓄】
ミルクとバターをたっぷり使い、しっとりとまろやかに仕上げています。


また、姉妹品で期間限定の「チョコままどおる」もお土産にピッタリ。

欲張りなあなたには、ままどおると、チョコままどおるの両方が楽しめる、チョコままミックスをどうぞ。


福島のお土産には、優しい味の「ままどおる」ですね。

郡山名物の薄皮饅頭

薄皮饅頭

薄皮饅頭というと、白い薄皮から、中の小豆餡が顔を覗かせている饅頭が多いですが、ここ福島郡山のお土産の薄皮饅頭は、茶色です。

でも、柏屋さんの薄皮饅頭は、かなり気合いが入っています。いや、まごころが入っているようです。

ちっちゃめの饅頭ですから、お土産にピッタリですね。


福島(郡山)のお土産に
miyage-fukusima01.jpg【蘊蓄】
たっぷりのあんを、風味のいい薄い皮で、やさしくやさしく包みこみ、丁寧に蒸しあげました。
やわらか〜く、薄い皮は、一見した素朴さとは違い、包装フィルムをはがすだけで破れてしまいそうなほどデリケート。
ぽったりした重たい饅頭を口に運べば、しっとり、ふっくらとした食感です。一口食べると、黒糖の素朴な香りがほのかに口の中に広がり、たっぷり上品な餡と解け合うのです。




福島(郡山)のお土産には、柏屋の薄皮饅頭