ちんすこう

ちんすこう

初耳ですか? ちんすこう

沖縄のお土産らしい名前ですよね。
お菓子類に使う油は、普通はナタネ油などが多いですが、ちんすこうはラードが使われています。ベジタリアンの方はNGですね。


ちんすこうは、沖縄のお土産の定番ですよ。
私も、誰かのお土産で食べましたが、独特のさっくりとした口当たりが、癖になりそうなお菓子でした。


沖縄のお土産には、ちんすこう。


【楽天コード】

【蘊蓄】
「和三唐七の味」と評されるように、日本と中国両方の影響を色濃く残した沖縄菓子の数々。なかでもちんすこうは、首里王府の頃より王族のみが食べるとされていた贅沢品のひとつです。
作り方は、ラードを煮て溶かしたものに、砂糖と小麦粉を混ぜあわせてたねを作り、木型で形を整えて焼くというもの。
そのサクッした口当りと素朴な甘さは、地元沖縄でもお茶受けのお供として広く親しまれています。




この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8637510

この記事へのトラックバック