塩羊羹

塩羊羹


塩羊羹といっても、もちろん塩味ではないですよ。しつこくない甘さと程よい塩加減なんです。

新鶴本店さんは、創業明治6年という老舗の和菓子屋さん。
その店構えが古くて良い!!

絶対のビルなんかに建て替えて欲しくないですね。

どちらかというと、きちんとしたお土産、縁起物として持っていくのにピッタリです。


長野(下諏訪)のお土産は

長野のお土産 塩羊羹
【蘊蓄】
明治6年創業のみぎり、当店初代の河西六郎も、羊羹に塩味を加えることを思いつき、砂糖や餡とのなじみ具合、寒天折り合いに苦心しながら、丹念に練りあげるうちに、塩の調和がもたらす、しっとりした淡雅な口当たりと甘さの間合いを体得。新鶴の塩羊羹が生まれました。




長野(下諏訪)のお土産は、新鶴本店の塩羊羹



miyage-ruiji.gif

【岡山(倉敷)】 塩羊羹
【佐賀(武雄)】 塩羊羹

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6818921

この記事へのトラックバック