大分名物 やせうま

やせうま


痩せた馬が頭に浮かんだでしょう?(笑) 痩せ馬。


やせうまは、
『平安時代、都から藤原鶴清麿という幼い貴族が豊後の国に下向し、黒野に隠れ住んだ。鶴清麿の身の回りの世話をする女は、京都の八瀬出身だったらしく「八瀬(やせ)」と呼ばれた。八瀬は、ときおり小麦粉をこね、長く伸ばして麺状にして茹で、これに黄粉をまぶしたものを作って、鶴清麿に食べさせた。鶴清麿はこの食べ物が欲しい時、「八瀬、うま」(「うま」は食べ物の幼児語)といい、これが「やせうま」の語源となったという。』
     出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)


なんとも、由緒正しき大分郷土のおやつですねぇ。

その大分名物「やせうま」をお菓子にしたものがこれなんです。



大分名物 やせうま
【楽天コード】

【蘊蓄】
平安朝の逸話にちなんだ豊後方言銘菓。
きな粉の風味に満ちたお菓子です。





これは会社じゃ配れないよね。残念。
でも、こっちの方が個人的には好きですよ。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6774956

この記事へのトラックバック